忍者ブログ

【中国輸入】3ステッププログラム 中野翔太 レビュー

株式会社フリームーブメント 中野翔太さんの【中国輸入】3ステッププログラム の内容をレビュー中

お風呂などリフォームのメリット、デメリットを考える

お風呂のリフォームや、壁紙のリフォーム等、リフォームには色々有ります。
そこでここではリフォームのメリット、デメリットを挙げてみたいと思います。

【メリット】
今まで住んでいて住み慣れた住宅を壊す事無くそのまま利用する事が出来ると言う点です。
一軒家でリフォームをしようとする際、大体が老朽化している部分を直したいなと思う事だと思います。
もちろん老朽化しているから、住宅自体を建て替えたり、リノベーションをして増改築したりする事も考えられますが、大掛かりな工事になってしまう上に、住み慣れた今までの家の雰囲気が全くなくなってしまうと言う事になってしまいます。

出来る限り家の雰囲気も変えずに老朽化している部分を修繕したいと言うのであれば、リフォームをする事がおすすめだと思うのです。

壁紙を新しく張り替えたり、家の壁を塗り替えたり、お風呂のタイルを張り替えたり、お風呂の浴槽を取り換えたりと言うだけであれば、今までの家全体の雰囲気も住み心地もほとんど変わる事無く老朽化した部分だけを修繕する事が可能です。
また、古い浴槽だった場合は、最新型浴槽にすることで断熱性が各段に高まりますので
突然死を防ぐことが可能となります。
お風呂での突然死が交通事故より多いという事実を忘れてはいけません。

またリフォームの場合、工事期間が短いと言う点からも低予算で済むと言うメリットが挙げられます。
またリフォームは住宅の一部分だけを改修工事する為、仮住まいをする事なく、今の家に住みながらにして工事をしてもらえると言う点もメリットではないかと思います。

【デメリット】
リフォームはあくまでも家の一部分を修繕する、改修すると言う特徴が有ります。
そう言う点から言うと、リフォームは間取り変更などの大掛かりな工事は出来ないと言うデメリットが挙げられます。
リフォームの目的は資産価値を上げる事ではなく、資産価値を復元すると言う事、すなわち元の状態に家の状態を戻すと言う事になるため、デザイン変更が出来ないと言うデメリットが有る訳です。
家族が増えたから部屋を増築したい等、増築や間取り変更をしたい場合にはリノベーションをする事をおすすめします。
表面的な改修はリフォームにて可能ですが、基礎部分や構造をリフォーム工事をするとなるとリノベーションより費用が高くなってしまう可能性が有ると言うデメリットも有ります。

以上の様なメリット・デメリットを踏まえた上で、リフォームをする様にしてみてはいかがでしょうか。

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

フリーエリア